姫路 異業種交流サークル「コラぼる会」のブログです。


by koraborukaiorg

姫路温泉物語

副会長のMです!!
寒い日が続きますが、皆様お体にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

そんな寒い夜はやっぱり。



温泉ですよね~\(^o^)/


私はとても温泉が大好きです。
月に2~3回はどこかの温泉や銭湯にいきます。

近場でいえば、

あかねの湯
サンピア姫路
ゆたりん
竹取の湯(香寺荘)
かさがた温泉(せせらぎの湯)
雪彦温泉
ぷくぷくの湯(加古川)
憩いの湯
ゆぴか(白雲谷温泉)
華楽の湯(姫路キャッスルグランヴィリオホテル)
花の湯(ヴィーナスギャラリー)

このあたりによく息子とワンセットで出没します。


今回はその中でも「銭湯of銭湯」といえる名湯をご紹介します!

その名は「明和温泉」

温泉と言っても決して温泉ではありません。
・・・が今もなお井戸水を薪(まき)で沸かしているこだわりの古き良き銭湯です。




場所は野里中町。
昔っからあるにも関わらず、割と車の多い道沿いにあるにも関わらず、知っている人は少ない秘湯です(笑)

姫路商工会議所からずど~んと北にあがっていくとこんな看板が見えてきます。
e0117398_20545722.jpg




















注意していないと見過ごします。





たたずまいはこんな感じ。
e0117398_20571930.jpg





















どうですか?
昭和を感じさせる美しいフォルム。
これぞ「銭湯of銭湯」。




車でお越しの方も大歓迎。
裏にある駐車場は意外とたくさんとめられます。
e0117398_21014559.jpg




























勇気をだしてのれんをくぐれば、懐かしいこの下駄箱。
e0117398_21062764.jpg





















大人 420円
中人 160円(小学生以上)
小人 60円


高いか安いかはあなた次第。



左を向くと・・・。
e0117398_21113444.jpg





















男子なら誰もがあこがれたガンダーラ。
どこかにあるユートピア。
どうしたら行けるのだろう、教えてほしい。




そして右側は、
e0117398_21113828.jpg


























ワクワクしながら扉をあけると、
e0117398_21114222.jpg





















番台のおじさんと、常連であろうのおじいさんが延々とお話をしていました。

耳をすませば、聞こえてくるのはどうやら阪神ジュベナイルフィリーズ。
明日(行ったのは9日)のお競馬がかなり気になる様子。

あまりに楽しそうな笑顔に見とれて、しばらく待っていましたが息子の体が冷えてきたようなのでお金を払わせていただきました。


内装はこんな感じ。
e0117398_21250046.jpg
























素敵です。



お風呂は、

薬湯風呂
電気ぶろ
普通の風呂
ジャグジー風呂
水風呂
スチームサウナ

と種類豊富。




特筆すべきは「電気ぶろ」と「スチームサウナ」

電気ぶろは4種類の振動が順番に切り替わり、「もみ」「たたき」など本当にたたかれているように体が動きます。
珍しいのでオススメです。

スチームサウナはなかなかの高温で攻めてきます。
一般的には呼び出しボタンっぽいボタンがあったので興味しんしんで押してみると、大量の超高温スチーム(激あつの霧)が噴き出してきて息子が飛び出しました。


お風呂の中は残念ながら撮影NGだったので外から1ショット。
e0117398_21293121.jpg
























いろんな銭湯常連の息子が大喜びしていました。

この情緒と風情がわかるようになってきた事がなんとなく嬉しかった。


風呂上がりはもちろん、これ!
e0117398_21393461.jpg
























からの~


これ!
e0117398_21385945.jpg


























潔癖症の方でなければ、ぜひぜひオススメします。
姫路に住んでいるなら一度はおいで「明和温泉」
もう一度いいますが、決して温泉ではありません。
井戸水を薪で沸かしている銭湯です。


って書いてありました。
e0117398_21101412.jpg



























実はこの銭湯、私がコラぼる会に入会して間もないころ新入会員インタビューで「温泉が好き」といったところ、大先輩方に連れてきてもらった思い出の場所でもあります。

皆さんもぜひ一度(笑)




※許可を得て撮影しております。






[PR]
トラックバックURL : https://koraboru31.exblog.jp/tb/26250049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by koraborukaiorg | 2017-12-11 21:52 | プライベート | Trackback | Comments(0)